上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東洋のコートダジュール、岩地

ご無沙汰していました!
いやー最近はいろいろあって、ごたごたしたりで、背後から陰気な影が忍びよりそうだったんですが、
そんなもの振り切ってなんのその、念願の伊豆(西側)に行ってきたのです!

日帰り計画だったので、わりと東名から近い、浮島、岩地、雲見と、水のにごり具合を見て回って、結局岩地に決めました。
朝4時にA君宅を出て、SAで休みつつ沼津に6時半着!!
(ちなみにこの「沼津」という漢字を出すためにかなり疲弊した。いくら変換しても出てこない。あたまわるいな~、なんでこんな簡単な変換もできないの?それで結局「沼」と「津」を別々に打とうととして、「ぬま」ではなく「ぬま」であることに気づく。あたまが悪かったのは僕のほう!どうすりゃいいのさこのワタシ)

到着するなりAくんと睡魔と闘いながら足ひれをセット!
台風の影響で水はにごってたものの、岩場の水中は魚がいっぱい、
チョウチョウウオやコバルトスズメなどの華やかな熱帯系の魚がいたり、
ベラやカサゴや、幼いイカなど、おいしそうな奴も至近距離を泳いでいましたよ。
いや~ちょっとにごってたことが残念だったけど、今行ったらもっときれいなんだろうなぁ。
ゴーグルとシュノーケルだけで十分楽しめるので、西伊豆(以南)の海岸はほんとオススメですよ~(しかもかかった費用がたった5000円)


きのう電車に乗ってたら、コンサート帰りっぽい浮き足立ったおばさん軍団が、僕を見るなりコソコソ話始めました。
「なんだか今日は何を見てもレミオロメンに見えるわ」
「わたしもいまそう思ったところなの」
「あーだこーだ、ぴーちくぱーちくレミレミおろおろゴニャゴニャ」
って、
おいっ!聞こえてるって!!
そういえば最近友達にも言われたな。
レミオロメンの顔が思い出せないので、うれしくもかなしくもないし、どうすりゃいいのさこのワタシ。
昔は今よりさらにやせてて、いのっちとよく言われていたが、、、
今となっては過去の話じゃのう・・・ええのう、いのっち(遠い目)


今日は曲を書かねば!暑さに負けずにガンバルンバ!
さいとうさんお久しぶりです。とびうおの像がある学校ですか?
スポンサーサイト
ふむふむ、なるへそ、海ならhulamamaさんの多々戸にヘップバーンさんの妻良にKAOさんの岩地海岸か~。
参考になります、ありがとうございます!
テディベア博物館なんてのもあるんですね、初耳!シャボテン公園は物心つく前に行った憶えがあります。
みなさん意外と行ってるんですね~。ニモ早く会いたい・・・。
makiさん、まさに淡島ホテルです。いや~いいところでした。まるで釣りの天国でした←しつこい
ピヨピヨさん、まだジブリ美術館には行ったことないです・・・かなり行きたいです!

今日は真夏の湘南に出かけました。車で窓全開でサザンかけながらタンクトップにグラサンでイヤッホ~なんて感じで行こうと思ったけど、
渋滞してそうなのであっさりあきらめ、電車で行きました(地味~に逗子・新逗子乗り換え(^-^;A
なぜ湘南かというと、歌詞を協力していただいてる(いや、共作?)コンさんという人のライブがあるためでした。
会場はcocomoという、由比ガ浜のデイジースカフェのすぐとなりにあるお店で、
演奏しているバックには、しょーなんの海ザッバーーンみたいな、すごいところでした。
演奏者のすぐ後ろに「やったなぁ、こいつぅ」とか言いながら水をかけあってるカップルがいて、青春感じました。
演奏はすばらしくほんと心地よくて、なんともリラっクスした時間を過ごしました。
その後は鎌倉をひとりブラブラして帰路へ。
毎週湘南に行ってたころは、「リゾートの湘南より秋冬がすきかな~」なんて思ってたけど、
やっぱりたまに行くと、夏の湘南っていいね!みんなが楽しみにしてきた思いが爆発してるようなそんなエネルギーであふれてる。
よ~し、僕も遊びに行くぞー!伊豆へ(笑)すまん湘南。

awashima.jpg


伊豆の淡島というところに、ピアノのお仕事に行ってきました!!
関東に住んでる人にとっては「伊豆」って言葉を聞くだけで、いろいろな思い出が駆け巡って、無駄にアドレナリンを分泌してしまう人も少なくないと思います。
僕は探偵団で車で伊豆に行ったとき、大室山のあたりで車酔いで降りて、炎天下のアスファルトの上に倒れこんだという悪夢を思い出します(笑)
二人は「大丈夫?」と気遣ってくれてたので、「だいじょぶれふ」とは答えたものの、内心「おうちかえる」的なつらさだったのを覚えてます。

今回の淡島は、島っていうだけあって、ほんとに島です。
最初依頼があった時は、島でピアノ?ナヌ?!と、島とピアノが結びつきませんでしたが、
聞いて納得、島にリゾートホテルがあるということでした。
無人島だったらどうしよう…という僕の不安は晴れました。
この写真がまさに淡島行きの通船に乗るところなんですが、なんとも風光明媚なところです。

島に着いて足元の海面を見ていると、高級魚といわれるような魚がウヨウヨ泳いでるじゃありませんか!
さすが駿河湾、相模湾とはわけがちがいますわ。しかもクロダイの幼魚までウヨウヨしてる!あぁ釣り道具を持ってくればよかった。
「いや~こりゃまるで釣りの天国だな・・・。」なんて思っていたら、
真横に
「釣りの天国へようこそ!」というドデカイ看板が!!
くっ、わかってらぁそんなこた・・・なんかトドメをさされた感じでした。

今回のお仕事は、スティールパンという楽器の方と二人で演奏するものでした。
普段は歌ものが圧倒的多いけど、こういうデュオ形式は、ベースの入れ方やボイシング、本当に勉強になります。
スティールパンのTさんはすばらしく、オールジャンル縦横無尽な感じです。僕も久しぶりにトルコ行進曲を練習しました(^-^;
ジャズとラテンでノリノリになって、楽しい演奏時間はあっという間に終わり、
三島から新幹線で帰路へ。いい疲れでした。

今回淡島へ行って、今年の夏中にゼッタイ伊豆に遊びに行きたい!という気持ちに火がつきました。
西伊豆の海って、びびるぐらい水がきれいなんですよ!
ちょっと南に行くだけで、ニモみたいななんていうかああいうたぐいの魚がウヨウヨする中を泳いだりできるんです。
クラゲが出ないうちに行きたいな~。
他にも伊豆オススメスポットがあったら教えてください!
20060803012401

↑もう、やめよう・・・。

最近売ってる「そば茶」って知ってます?あれはルチンという成分が血液をさらさらにしてくれて、かなりいいみたいっす。
ただこのシロモノ、ベビースターラーメン(チキン味)の味がするんですよ!
いや~だまされたと思って飲んでみてください。
ベビースター味でのどごしさわやか!

今日は、いま話題沸騰中の、
やめてけ~れ、やめてけれ、やめてけ~れ、ゲドゲド♪でお馴染みの、
「ゲド戦記」を見に行きました!!
あれ、すべった?やっぱジェネレーションギャップかね・・・。そんなこと気にするなら普通に書けって感じだけど、、、
いやね、ジブリ映画は毎回毎回賛否両論はあるんですよ。
今まで猛烈にジブリファンだった人にはちょっと期待はずれだったかもしれないけど、
僕的には全然受け入れられる、素敵な作品でした。

僕はハイソに入ったとき、Uさんという超高名なピアニストのちょうど跡を継ぐような形で入りました。
入部して間もない僕に、Uさんの流麗なプレイに慣れていた先輩たちが、
「Uさんみたいにできないのか」「Uさんはこう弾いてた」と揶揄しはじめると、
Uさん本人は、
「アホか、弾いてる人間が変わったんだから、プレイが変わるのは当たり前だろう」
とフォローを入れてくれました。
もちろん技術的な差には雲泥の差があれど、その個性をまず尊重してくれたU先輩の言葉は今でも心に残っています。

これからの吾郎監督の作品にもすごく期待ています。
あと思ったのが、毎回ジブリが新作を出すと、国内の動員数がハリウッドの最新映画をゆうに抜いてしまうことが、やっぱすごいっすね。
アニメが実写を超えられる力を持っている、アニメにしかできないものを特化すればあれだけの作品ができるんだなと思うとすごいと思う。
作品を創る、という意味でも、ジブリ作品は本当に尊敬しますね~。

ちなみに、僕はジブリ作品は全部好きだけど、「千と千尋の神隠し」と「魔女の宅急便」が特に好きだなあ~。
                   
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。